OSAKA
あの大谷翔平選手も書いたマンダラで2020年の目標を考える
人の主体性を高める目標設定と仮説づくり

概要

 
 目標の設定は、人の行動を管理するために行うものでしょうか?正しい答えが見えにくい時代は、管理を強化するほど、間接的な動機が高まり、メンバーの創造性が低下していくという厳しい未来が待っています。
 本来の目標設定は、人が持っている主体性や創造性があふれでるものです。それは周りからの評価とは無関係で純粋な内発的動機から生まれた行動へ結びつきます。一人ひとりが内なる想いを大切にして、指示待ちではなく、自ら考えて行動することが重要になるVUCAの時代を私たちは生きています。
 目標設定と仮説づくりの習慣化は、変化を愉しむ「心の姿勢」や「モノの見方・考え方」が身に付き、自分自身が変容していく促しの達人へと導いてくれます。自己との対話により自分との関係性を深めた人は、メンバーともお互いを高め合う対話ができてきます。
 そこで今回は、参加者の皆さんと大谷翔平選手も書いていたマンダラを使いながら、2020年の自分を考えながら目標設定のポイントや高め合う対話の進め方などについて、探求していきます。

開催情報

日時2019年11月25日(月) 14:00~16:30
対象経営者・後継者・取締役
定員20名(先着順)
費用無料(当日受付にてお名刺を頂戴いたします)
場所⼤阪中⼩企業投資育成株式会社 セミナールーム
大阪市北区中之島3-3-23 中之島ダイビル28階
(京阪電⾞渡辺橋駅徒歩1分)
プログラム概要1.善循環と悪循環の組織のメカニズム
2.心理的安全性とはぬるま湯ではない
3.主体性と創造性を生み出す目標
4.大人の学びは行動から意識
5.目標のレビュー参加者との対話
講師MIRACREATION株式会社 取締役 北川賢司
⾃ら考えて、未来を創る⾏動がとれるセルフマネジメント⼈材が育つ仕組みづくりを通じて、⼈材開発、組織開発、事業開発を⽀援。成⻑を促し合う対話の場をファシリテートして、⾃⼰組織化するチームづくりやアイデア創出の⽀援による未来型組織開発を⽇本全国で実施している。税理⼠。
お問合せ先大阪中小企業投資育成株式会社
事業支援部 谷井 TEL(06)6459-1700

イベント開催情報

特設サイト

組織の未来は
エンゲージメントで決まる

VISION PAINTING
ビジネスにもっとアートを

人事労務の
アンバサダー